検索
  • Albertaurus

アルバータ大学の学部と専攻

By Saaya


アルバータ大学のキャンパスで誰かと知り合った時、名前の次に必ずと言っていいほど聞かれるのは、


What's your major? (何を専攻しているの?)


という質問です。


そこから、「どうしてその専攻にしたの?」や「その専攻ってどんなことを学ぶの?」という風に色々な話題に発展させていけるので、初対面の相手には、名前の次にその人の専攻を聞く場合/聞かれる場合が多いです。 今回の記事は、アルバータ大学の学部や専攻など、学位のプログラムストラクチャーについて説明していきたいと思います!




Faculty and Departments - 学部と学科


アルバータ大学には、文学部(Faculty of Arts)、理学部(Faculty of Sciences)、工学部(Faculty of Engineering)などを始めとする18の学部があり、私の在学している理学部には、生物学科や物理学科などの自然科学の他に、最近熱いコンピューター・サイエンス学科などもあります。文学部には、社会学科、経済学科などがあります。

ここでちょっとしたfun fact

アルバータ大学では、工学部に在学している学生たちのある名前で呼びます。なんだと思いますか? 答えは、


Engineers!!! この呼び方を初めて聞いた時、

「なにそれ、かっこいい。でも、あれ。工学部だけど、まだ、『エンジニア』ではないよね?!」

「私、理学部だけど、scientistって呼ばれてないよ!?」と、心の中で盛大に突っ込んだのを覚えています(笑)

工学部は、合格基準がとても高く、在学条件もとても厳しいことで知られている学部で、私の友達も何人か工学部に在学している子がいますが、みんなとても頭がいいです!他に入学するのが難しい学部と聞かれ思い浮かぶのは、医学部や法学部などですよね。この医学部や法学部ですが、アルバータ大学に限らず、カナダの大学では、これらの学部は、graduate schools(大学院)という位置づけで、学位を取得してから、Med schoolやlaw schoolへ入学するのが一般的です。日本のように高校を卒業してそのまま医学部(または法学部)に入学するということはできません。


Med schoolやlaw schoolへ入学するには、高いGPAが求められるので、med schoolやlaw schoolを本気で目指している学生はとりわけ勉強熱心な印象です。 ここで紹介した学部は、ごく一部なので、興味のある方は、下ののリンクからどうぞ:https://www.ualberta.ca/faculties



Major? Minor? Specialization? Honors? 

アルバータ大学の専攻と様々なプログラムストラクチャー


アルバータ大学には、全学部合わせて、計388の専攻があります。そして、アルバータ大学などカナダの大学では、ただ専攻を選ぶだけでなく、なにをどのように学ぶのかを自分でカスタマイズすることができます。

このカスタマイズされた専攻(なにをどのように学ぶのか)のことをProgram(プログラム)と呼びます。

アルバータ大学におけるプログラムストラクチャーは、大きく分けて4つあります:https://calendar.ualberta.ca/preview_program.php?catoid=6&poid=2698

1. Major + Minor

2. Double Major

3. Specialisation Program

4 .Honors Program

1. Major + Minor


一番スタンダードなのがMajor + Minorのプログラムストラクチャーです。このプログラムを選択した学生は、主専攻の他に副専攻を学びます。 主専攻(Major)として取れる科目は、その学生が在学している学部によって提供されているものに限りますが、副専攻(Minor)は、学部外の科目でもOKで、1、2つ選ぶのが一般的です。 私が選択しているのもこのプログラムで、理学部から統計学をMajor、文学部から経済学をminorとして取っています。


2. Double Major


二つ目は、Double Major。直訳すると二重専攻になります。このプログラムは、その名の通り、2つの異なる科目を主専攻として学ぶものです。アルバータ大学では、Double Majorを選択する場合、主専攻として取る2つの科目は、どちらとも、在学する学部内のものに限ります。 日本国内だと、二重専攻を選択出来る大学はまだとても限られているみたいですが、国際基督教大学(ICU)など、この制度を導入している大学も少しずつ増えているみたいです。


3 - 4. Specialization と Honors


3つ目と4つ目は、まとめて説明します。 SpecializationやHonors Programは、主に、大学院やMed Schoolなどへの進学を考えている学生向けのプログラムです。 これらのプログラムの場合、一つの主専攻のみとなり、Minorは取れません。Minorや2つ目のMajorがないかわりに、一つの分野を深く掘り下げていくプログラム内容となっています。 通常のMajorと異なる点として挙げられるのは、取らないといけないコースが予め指定されているという点です。通常のMajorやMinorの場合、いくつかの必須コースを取り終えれば、フレキシブルに好きなコースを選択できますが、SpecializationやHonorsの場合は、それが出来ません。また、Honorsプログラムでは、他のプログラムでは必須でない卒業論文を書くことが義務付けられています。 また、在学条件も通常のプログラムに比べて厳しく、Specializationの場合、GPAが2.7以上、Honorsの場合、GPA3.0〜3.3以上が在学の条件です。



Changing Major

専攻やプログラムって途中で変えられるの?



答えは、ずばりYESです。



"In many cases, transfer from one degree program to another can be easily arranged to suit students' changing ambitions, needs, or academic qualifications.”

(変化する学生の目標、ニーズ、資格などに応えるべく、殆どの場合、学位のプログラムを変更することが可能です)

大学のサイトより:https://calendar.ualberta.ca/content.php?catoid=28&navoid=6992


高校生の時に興味があると思った分野に大学に入ったあともずっと興味があるとも限りませんよね。大学という新しい環境で色々な経験をしていくということは、新しい発見の毎日ですし、考え方や、将来の目標も日々変化していくものだと思います。

私も、大学に入学願書を提出した当時は、生物が大好きで、「Honorsって響きもカッコいい!」という理由で生物学系のHonorsプログラムを選択しました。(実は、Med Schoolに憧れていたりしたのもHonorsにした理由の一つですが…)

ちょうど1年目後期に入った頃。大学という新しい環境において日々、刺激や発見があるなか、改めて、これから自分向かうべき方向や自分の将来について考えることが増えていきました。生物は、好きだけど、果たして自分は、どれだけの熱意を持ってそれを学んでいるだろう?大学院やMed Schoolの狭き門をくぐる為の努力がどれだけ出来るだろうか?そんなことを自問自答する中で、自分が「本当に好きなモノ」がわからなくなってしまいました。

転機となったのは、理系学生の1年目の必須科目である統計学のコースでした。相変わらず「好きなモノ」は見つからないままでしたが、この学問ならあらゆる分野に活かせるんじゃないだろうか?と感じたのがきっかけでした。まだ胸を張って「これが好きです!」と言えるものはないけど、いつかそれを見つけた時、統計学は、きっと自分の武器になる。そう思いました。

一度は、生物学と統計学をDouble majorとして専攻することも考えましたが、プログラムのアドバイザーの方からのアドバイスなども踏まえて、統計学と経済学をそれぞれMajorとminorとして専攻することに落ち着きました。 上でも触れたように、アルバータ大には、学部ごとにプログラムアドバイザーがいて、コース選択から専攻の変更など、親身になって相談に乗ってくださいます。長くなってしまいましたが、このように変化する学生の目標や進路に対応するように専攻がある程度、柔軟に変更出来るのもカナダの大学のいいところだなと思います。


まとめ


今回の記事では、アルバータ大学の学部やプログラムなどをご紹介しました!


  • アルバータ大学には、18の学部と388の学科がある

  • Major+Minor、Double Major、Specialisation、Honorsなど様々なプログラム形態

  • 専攻の変更も可能!



少しでも役に立つ記事になっていたら幸いです。もし、なにかわかりにくかった点や質問があれば、ご気軽にコメントしていってくださいね。

0件のコメント
  • ホワイトFacebookのアイコン

© 2021 The University of Alberta Japanese Students' Association

We are situated on Treaty 6 territory, traditional lands of First Nations and Métis people.

  • ホワイトFacebookのアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now