検索
  • Albertaurus

アルバータ大学のキャンパス紹介 〜図書館編〜

By Saaya


5つのキャンパスからなるアルバータ大学には、計10の図書館があります。今回は、その中から私たちが在学するNorth Campusにある2つの図書館を紹介したい思います!


各図書館の詳細に移る前に、アルバータ大学の図書館に関するちょっとした豆知識も紹介したいと思います。


アルバータ大学の図書館の豆知識 


アルバータ大学の図書館には、たくさんの自習スペースが用意されており、アルバータ大生ならいつでも好きなだけ使用できます。友達と一緒に勉強したい人、一人で静かに勉強したい人、おやつや軽食を食べながら長時間頑張りたい人。勉強スタイルは、人それぞれですよね。学生たちの様々なニーズに応えるべく、アルバータ大学の図書館は、フロアごとにゾーンで分けられています。

1. Silent Floor


ここでのお喋りや飲食は、禁止です。その他にも、携帯電話は、マナーモードにしておく必要があり、音楽を聞きたい場合は、音漏れしない程度の音量でイヤホン/ヘッドホンをしていないといけません。

2. Quiet Floor


ひそひそ声程度なら会話OK。食べ物や飲み物の持ち込みも可能です。あとは、基本的に上のSilent Floorのルールと同じです。

3. Collaborative Floor


基本的に会話や飲食もOKです。ただ、音楽を聞く場合はイヤホンをして、携帯電話は、バイブに設定しておきましょう。会話が出来るこのフロアでは、グループワークの課題などをしている学生をよく見かけます。私も、統計学のコースのグループワークをクラスメイトとここで行っていました。



図書館の基本的なルールもわかっていただけたと思うので、そろそろ、本題に移りたいと思います!

今回、紹介するのは、North Campusにあるもの中でも規模の大きいRutherford LibraryCameron Libraryという2つの図書館です。

Rutherford Library


赤レンガが象徴的なこの立派な建物がアルバータ大学のキャンパスの中で一番の規模を誇るRutherford Libraryです。




主に人文科学や社会科学に関する書物を扱うRutherford Library、実は、カナダ全土でも2つ目に大きな研究図書館なのです! 

また、Rutherford Libraryの5階には、日本の小説なども揃えてあります!(私は、最近、湊かなえさんのミステリー小説にハマっててよく借りて読んでいます笑)

留学中、日本語の本が恋しくなったらRutherfordへ👍

上で少し触れた通り、図書館にはたくさんの自習スペースが設けてあります。今回は、その中からRutherfordにある穴場スポットをご紹介しようと思います。

雰囲気が最高、勉強のモチベーションも上がる Rutherford South 2nd Floor

Rutherford Libraryは、北棟(North)と西棟(South)に分かれていて、私一押しの自習スペースは、Southの2階にあります。

「百聞は一見にしかず」

まずは、その雰囲気を見ていただきたいので、こちらがその写真です!




1年生向けのオリエンテーションの日、キャンパスツアーをしてくれた2年生の先輩が、「Rutherfordには、『Harry Potter Room』という、とてもかっこいい場所があるからぜひ行ってみてね!」と言っていたのを思い出して、1年目の後期に初めて行って以来、私のお気に入りです。


この写真は、新学期前の授業が始まっていない時期に撮影したものなので、誰もいませんが、毎日たくさんの学生がここで勉強しています。


勉強する時、図書館の自習スペースに行くことが多いのですが、このHarry Potter Roomに来ると、その雰囲気の良さに勉強に対するモチベーションが上がって、勉強がとても捗ります!(空調の関係かちょっと寒いのが難点!)


Cameron Library


2つ目にご紹介するのは、Cameron Libraryです。

Rutherford Libraryが人文・社会科学の書物がメインなのに対して、Cameron Libraryには、自然科学や工学系の書物が揃っています。

Cameron Libraryの何がすごいかというと、そのアクセスの良さ利便性の高さです。



アクセスの良さと利便性の高さが売りのCameron

まず、アクセスですが、Cameron Libraryは、Central Academic Building (CAB)というキャンパスのちょうど中心の位置にある建物と直結しています。そして、CABもまた、理系の講義が多く行われ、理系学部の教授のオフィスがあるCentennial Centre for Interdisciplinary Science (CCIS)という建物と屋内で繋がっています。

冬になると−30度にまで気温が下がるここエドモントンでは、いかに屋内移動が出来るかは、とても重要なポイントです!CCISでの講義が終わり、そのまま図書館へ直行したい場合は、Cameron Libraryがとても便利ですね。


続いて、利便性についてです。


「あともう少し勉強したいのに、もうすぐ図書館がしまっちゃうからそろそろ切り上げないと‥」


これ、学生であれば誰もが一度は、経験したことがあると思います。Cameron Libraryは、North Campusにある図書館で唯一、24時間自習スペースが開放されている図書館なのです!

ONEcardという学生証があれば、時間外でも、1階にある自習スペースには、アクセスすることが可能なので、中には、図書館で一晩を明かす学生もいるみたいです! ちなみに私は、午前1時までいたのが今までの最長記録です(笑)

でも、エドモントンの冬はとっても寒いので、キャンパス内の寮に住んでいるとか、ちゃんとお家まで帰る交通手段がある場合以外は、無理をしないで早く帰りましょうね!

24時間開いているということ以外にもう一つ、Cameron Libraryが学生にとても人気な理由があります。


図書館内にStarbucksが入っているのです!(※スタバは24時間営業じゃないです)ここでコーヒーを買って、自習スペースで勉強するっていのが定番な学生も多いと思います。

知っていると便利!図書館のサービス


その1:Study Space


Study Spaceとは、予約制の自習部屋のことです。大学の図書館のホームページから事前に予約しておけば、1日最大2時間半借りることができます! 中には、ホワイトボードやパソコンが備え付けてある部屋もあるため、友達との勉強会やグループワークの時はぜひ活用したいサービスです。

その2:Library Reserves


Library Reserveは、無料で教科書が借りられるサービスです。詳しくは、こちらの記事に書いているので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね! Library Reservesのすゝめ




アルバータ大学のキャンパス紹介〜図書館編〜では、North Campusにある図書館をご紹介しました!


大学生活をする上で必要不可欠な存在の図書館。アルバータ大学の図書館には、学生のニーズにそった設備が揃っています。キャンパスにある図書館には、それぞれの特徴があるので、皆さんも自分のお気に入りの場所を是非見つけてみてください!

0件のコメント
  • ホワイトFacebookのアイコン

© 2021 The University of Alberta Japanese Students' Association

We are situated on Treaty 6 territory, traditional lands of First Nations and Métis people.

  • ホワイトFacebookのアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now